サイトを移動準備中です。

新しいサーバーを借りて、どうやらブログの移動は出来ました。まだ細かい所をいじらなくてはなりませんが、結構簡単に出来てホッとしています。
入力がとにかく楽なので、また以前のように文房具や食事関係等、色々書いて行こうと思ってます。
完全に移動完了するまでは、あちらで更新して、福井さん関係だけはこちらにも書いておきますので、もしご興味があるようでしたら、移動先もご覧下さい。

jidoriblog

こちらになります。

Technorati Tags:

機動戦士ガンダムUC episode 6生コメンタリー上映会 メモ

六本木ヒルズにまた行って参りました。
古橋監督、福井さん、むとうさん、小倉さん、小形プロデューサーというメンバーが、劇場の一番後ろの席に座ってコメントするのを上映中に聞くというものです。
上映中のメモですので、手元が全く見えず、帰宅してから一緒に行った娘と解読してみました。
どなたが何を仰ったのかも定かじゃない状態なのですが、ご興味があれば参考程度にご覧頂ければ。
なお、6を観ていないとさっぱり意味が分からないと思います。

こういう生コメンタリーをやるのは初めての試み。
最初6割程度しか埋まらなくて、このままじゃ駄目かと思ったけど満席になった。
映画館では喋っちゃいけないから、こうやって観ながら喋るのは神経に来る物がある。
ダイジェストは、今までで一番セリフが多いから長く思えるが、長さは一緒。
次はいつもと違うデラックスなダイジェストに色々仕込みたい。
5より120%の入り。2の時は舞台挨拶も地方では空きがあったりしたが、今は満席。

オーディオコメンタリーは買ってる人の1%位しか聞いてないようだ。

最初の戦闘シーンで出て来るゼネラル・レビルのマット小隊とアラン小隊はゲームの中に出て来る人達から頂戴した。
コクピットで脱出したのがアランで、それを回収したのがマット。
この時代まで生きているキャラを探して決めた。
コクピットの色がピンク色なのは、宇宙で回収しやすいため。(小倉さん)
(赤いのは耐熱用の加工だからだと思っていたのに、違ったんだ。(福井さん))

リディの髪はショックで伸びた。やさぐれた。

コンロイはムーミン(福井さん)

柿原くんは喋り方がアンジェロそのまま。役もすぐに決まった。

ミネバの勝負服は人気があるようだ。

フルフロンタルの「ほぉ」とは何度も録り直した。
フロンタルの「業」の言い方がうにアクセントが来ているが、本当はごに来るはず。だがシャアがそうだったのでそのまま発音している。

逆シャアからアクシズのシーンを使ったが、ああいう風に他の監督の作品を長く使うのは初めてだった。
富野監督に使わせてくれるように頼みに行ったら、最初はやだと。そんな事言わないで下さいよ、と言ったら、どうでもいい、と。
あと松竹にも挨拶に行った、随分後になってから。

(リディ)中2オーラ。
アルベルトと良い友達になれる。

バンシィのシーンはユニコーンと対比させている。
リディが小惑星帯の中を避けながら行くのは、振られた腹いせに峠を責める様なもの。腕馴らしの意味もあった。
(普通だったらああいう危ない所は迂回して通る)

アイスをどう入れるか頑張った。
まずいと言うのは苦肉の策だった。

福井作品は、必ず爆発で終わらなくちゃいけないと思ったけど、5でそうしなくてもいいと知った。
機体の脚が無い。7で大暴れする。

オットー艦長も成長した。
アンジェロは打たれ弱い。責められるとすぐにびっくりしちゃう。

どの艦でも必ず乗っ取られる。
ブリッジクルーが後でアンジェロに酷い目に遭わされるのは、小さくガッツポーズをしていたのをみられたから。
GUSOHは出て来なかったけど、そういう良い兵器があるので次に出て来る。

アンジェロのコクピットの光り方が違うのは玄場さんのこだわり。その辺りも7で出て来る。
ジンネマンのシーンは、ああいうおっさんの成長は後になってからあの時変わったのだなと思い返すのが普通の描き方だが、その変化する瞬間をそのまま描くと言うのは珍しい。音楽も気を遣った。作画のクオリティがあるからこそ出来た。このシーンはガンダムらしくなくならないように気を遣った。

一年戦争前は禁煙な風潮があったが、一年戦争でストレスフルな社会になり、またタバコを吸うようになった。
「俺のたったひとつの願いですか?」「随分小さい願いだなあ」
外でユニコーンを換装してたのは、中では大き過ぎて無理だった。
ユニコーンが発進するとき、ケーブルを引っ張って出て行くのは、サザビーへのオマージュ。

Technorati Tags:

episode 6「宇宙と地球と」初日舞台挨拶

ユニコーンの初日舞台挨拶、新宿ピカデリーの2回目にお邪魔して来ました。

2回目の時間に行くと、きっとBlu-rayやローゼン・ズールはないだろうと思ったので、朝一で六本木へ。
7時半には既にかなり長い列が出来ていましたが、無事両方ゲット。
しかし…

20130303133644

この袋で歩き回れと言うのですか、TOHOシネマズさん…。(苦笑)
この後、ローゼン・ズールをパンフレットを入れてくれた袋に入れ直しましたが、隠れるもんじゃありません。
9時の開始までお茶を飲んで時間をつぶし、この日1回目のユニコーン。
マリーダさんの笑顔にうるっときました。

その後、新宿へ。
舞台挨拶が2時半からだったので、それまでの時間、CAPCOM BARに連れて行ってもらいました。
モンスターハンターや戦国BASARAなどカプコンのゲームにちなんだ食べ物や飲み物が頂けます。
正直言って、以前、中野にある某アニメのこのようなカフェに娘に連れて行かれた時、某キャラクター名のついたアイスコーヒーを飲んで気分が悪くなった事があったので、恐る恐るでしたが、さすがパセラ、どれも美味しかったです。
従業員の方達のパフォーマンスも面白くて、時間まで楽しく過ごしました。

そして今度は新宿ピカデリーへ。
ユニコーンの前に、舞台挨拶でした。
司会はまた浪川さん。
昨年一番売れたBlu-rayがユニコーンだった事を話すと、すかさず福井さんが「今年はエヴ…」と言いかけて、それは駄目ですと言われてました。
この後はまた書きなぐった汚いメモから拾った事を書いて行きますね。
敬称は省かせて頂きました。

浪川    フロンタルとミネバの間で苦しいか?
内山    自分は生活がネガティブなのですっと入って行ける。
      最初の収録の時はエヴァンゲリオンを観てたので、入りやすかった。
      
      収録が近づくと過去作を見直すが、毎回色々な人から教えを貰っていると思う。
      それが加味された物になって来ていると思う。

藤村    今回は喋りました!
      今までは回りからこうするべきと言われて来ていたが今回は変わってきている。
      やりあうシーンでは、本当の気持ちを出して話せた。

福井    余裕が感じられるようになって来た。自分の後ろにはバナージがいる、よけいなのはいないという感じがあるんだろう。

浪川    …よけいなの。(笑)
      あなたの事は忘れない、と言われたけれど、僕もあなたのセリフは忘れない。

柿原    アンジェロ回と言われてます。
      アンジェロやる上で台本を読み込んでいる。
      ユニコーンは他の約を受けに行ったけれど、これをお願いしますと言われてアンジェロを。他に受けた人はいなかったとの事。
      演技をしているとガラスの向こうで爆笑された。

浪川    僕の時もそうだった。あ、これは駄目なんだと思った。
      
監督    アンジェロは唯一遊びを入れられる。
福井    アンジェロは慌てふためく時が一番輝く。(笑)

福井    リディが別人みたいに。
      前回落ちて行ったのはミネバのはずなのに。(笑)

      リディのイメージはもう一人の主人公なんだけど、ポスターに出るのも初めて。
      でも後ろで暗く、風景にとけ込んでいる。
      落ちっぷりを楽しんで下さい。

監督    今回はブリッジクルーを沢山入れた。
      艦内の空気感をメインにしたが、そこを楽しんで頂ければ。
      そのため戦闘シーンが減っているけれど、それは7のお楽しみにして頂ければ。

福井    来春エピソード7。
      絵コンテではA,Bと30分ずつに分けるが、今回はCもある。
      作りきれるんだろうかとも思うが、プラン通りに行けば待つ甲斐のあるものになる。

      今のアニメでは普通ではつくれないものを1つの班でこつこつと作っている。
      宣伝費をこの位かければ、この位行くだろうと判る昨今では凄いと言われている。
      思い残す事のないよう頑張ります。

うろ覚えな所もありますが、こんな感じで。
やっぱりオットー艦長、良いですよね。

その後、飲んでお茶して帰ったのは9時過ぎでした。
長い一日でした。

Technorati Tags:

機動戦士ガンダムUC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6世界最速上映会

上野の国立科学博物館で行われた『機動戦士ガンダムUC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6世界最速上映会』へお邪魔して来ました。
20130225194840
20130225194938

他の写真は、こちらをご覧下さい。

今はもう使われていない古い入り口を入った正面に貴婦人と一角獣の『我が唯一の望み』が飾られており、その右側にはスクリーンがありました。
時間になるとスクリーンに映ったのは、フルフロンタル。
「これからおなじみのアレ」を見せるけど「立たせたままで申し訳ない。何事にも段取りと言う物がある」とか気遣ってみたり、この映像には我が軍が編集したのにわたしの出番があまりないとぼやいたりした後、いつも本編の前についているダイジェストを上映。
その後、3階までの吹き抜けの回りに配置された展示を自由に見て回りました。

そしてエピソード6が。
7に向けての話、と言う感が強かったです。
リディはぱっと見誰だか判らない感じになってました。
ジンネマンとマリーダさんは、辛かったです。クシャトリヤに乗ったマリーダさんがジンネマンに呼びかけた言葉には、ぐっと来ました。
あの時の二人の想いは、同じものだったのかが気になりますが。
地味な所ではオットー艦長が良かったです。奮起しちゃうオヤジは、福井さん作品の楽しみのひとつですね。

その後、トークショーでした。
残る余韻をぶっ飛ばす様な爆笑もののお話でした。
これはまた明日にでも書きますね。

Technorati Tags:

こちらが使いにくいので

少しあちこち試してみようと。

先週、行って来たガンダムフロント東京で行われているUC展の写真を少しはてなにあげました。
明日の科博のイベント上映もあちらにあげるつもりです。
よろしければご覧下さいませ。
「機動戦士ガンダムUC展」へ行って来ました - jidoriHatena

Technorati Tags:

『虹にのれなかった男』、福井さんがシナリオ

ニュータイプエース18号(2月9日発売号)から、福井さんがシナリオを手がけています。
逆襲のシャア以後、ブライト・ノアが「大人として完成していくその変わり目を」(福井さんインタビュー)描いていくそうです。

ブライト主役の「機動戦士ガンダムUC」NTエースで新連載 (コミックナタリー) - Yahoo!ニュース

Technorati Tags:

人類資金、ついに!

ハーロック、ユニコーン@科博とニュースが続いて油断しておりました。
『人類資金』が小説より前に映画化だそうです。

本作は、作家、福井晴敏のプロットを元に、福井、阪本の共同脚本で映画化。一方原作は、公開と時期を同じく今秋に複数巻で講談社より文庫書き下ろしとして発売を予定しており、映画と小説が同時進行していく新しい形でのメディアミックスを図る完全連動プロジェクトとなる。
撮影は全てオールロケとなり、2月下旬よりロシアのハバロフスクを皮切りに、3月にタイと日本、そして4月にはニューヨークと、4ヶ国にまたがるロケを敢行。特に2月の平均気温マイナス21度というハバロフスクから39度のタイへ、気温差60度という強行軍で、世界を股にかける映画ならではのタフでハードな撮影となる。今秋公開を予定。

原作:福井晴敏×監督:阪本順治 映画×小説、完全連動&同時進行プロジェクト!『人類資金』映画製作決定!ハバロフスク、タイ、ニューヨーク、日本、4カ国ロケ敢行!|eo映画

映画も本も楽しみです。
文庫書き下ろしなんてまた凄いですが、電子書籍で連載と言う話はどうなったのかな?

人類資金:「亡国のイージス」の福井晴敏と阪本順治監督が再タッグ M資金を題材にした新作を製作 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
戦後史最大のタブー「M資金」を描く『人類資金』製作決定!『亡国のイージス』コンビが再タッグ - シネマトゥデイ

Technorati Tags:

ユニコーン@科博!

なんだか色々凄いニュースがありましたが、娘と大興奮だったのがこれ!

シリーズ最新作 “episode 6「宇宙と地球と」”の上映を目前にひかえ、「機動戦士ガンダムUC」がお届けする、『機動戦士ガンダムUC FILM&NIGHT MUSEUM episode6世界最速上映会』の開催が決定いたしました。
会場は国の重要文化財である国立科学博物館・日本館です。

3月2日のイベント上映スタートに向け、本イベント会期中、夜の間だけ国立科学博物館・日本館中央ホールが「UNICORN MUSEUM」へと変身!
全高1.4mを越える大迫力の「1/1000 首相官邸ラプラス」、本邦初公開「ビスト家肖像画」のほか、アニメーション作品としては他に類を見ないほど緻密に考証された科学設定解説を中心に、
『ガンダムUC』を形作る世界をより深く味わっていただくための様々な展示が皆様を迎えます。
そして、館内講堂では“episode 6「宇宙と地球と」”の世界最速上映を実施!

ネオ・ルネサンス様式の重厚な建築と共に、UC世界の深遠と最新の映像をご堪能ください。
NEWS | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

科博は学生の頃からよく遊びに行っていた大好きな場所です。
このニュースを見て調べたのですが、色々貸し出しをしていたんですね。
利用案内・情報 ≫ アクセス・利用案内 ≫ 施設貸出 :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo
まだ詳しい事が判らないのですが、とても素敵なイベントになりそうです。

Technorati Tags:

キャプテンハーロック、今秋公開

随分前に話を聞いたものの、あれ以来音沙汰がなかったので立ち消えたのかと思っておりました。

 ハリウッドの制作スタイルを取り入れ、総製作費は東映アニメ史上最高の3,000万ドル以上らしいとの事。
「映像は9割完成していて、これから仕上げに入る段階です。福井さんとは、30年前に松本零士先生が生み出された『キャプテン・ハーロック』を、今の時代性にどう盛り込むかということを考えてきました。日本だけでなく世界的に漂っている閉塞感をどう打ち破れるか、そういう強いキャラクター性を『ハーロック』は持っています。パワーを持った映像になっていますし、力強く、骨太なストーリーを福井さんからいただきました。それを皆さん前にお見せできることは喜びであり、ワクワクしています」(荒巻監督)
『キャプテンハーロック』が荒牧伸志監督でCGアニメ映画化、脚本は福井晴敏 (マイナビニュース) - Yahoo!ニュース
「キャプテンハーロック」2013年秋公開決定 荒牧伸志監督、脚本:福井晴敏ら 総製作費3千万ドル | アニメ!アニメ!

またこんなものもでるようです。
自衛隊観艦式2012-海上自衛隊創設60年の航跡-

海上自衛隊創隊60周年の節目に行われた今年の「自衛隊観艦式」。尖閣諸島や竹島周辺で緊張が続くなか、ドキュメンタリー番組で定評のあるヒストリー・チャンネルが数十台のカメラを駆使して海自の現勢力に迫る。映像にも出演する『亡国のイージス』の作者・福井晴敏氏が、自作品と海上兵器について熱く書く。

自衛隊観艦式2012~海自創設60年の航跡~ || ヒストリーチャンネル
これをDVDにしたものなんでしょうか。

ヒストリーチャンネルでは2月8日の19時から、DVDは19日に発売のようです。

2月になってしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。

Technorati Tags:

今年もお世話になりました

前のエントリの日付を見て、唖然。
…半年前でした。(苦笑)
こんないい加減な所ですのに、何故かカウンタは回っているようで申し訳ないったらありません。
来年はもう少しまともに更新出来るようにしたいと思います。
なんて、次回書くのは、episode 6「宇宙と地球と」の公開時、などと言う事がないようにしないと。

episode 6「宇宙と地球と」が3月2日からイベント公開なのはもうご存知だと思いますが、劇場限定版のブルーレイ版が素敵です。

【劇場限定版】と【初回限定版】には、スペシャル特典ブルーレイディスクが付属!ディスクには、2012年5月13日に開催された朗読&ライブイベント『FILM&LIVE 2012』の完全収録映像と、このディスク用に新たに収録される『episode 6メイキング&インタビュー映像』があわせて約110分収録!さらに、『FILM&LIVE 2012』特製進行台本も付属する豪華特典仕様です!
引用元:NEWS | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

一月末からは、アニマックスでユニコーンが放映されるそうです。
『赤の肖像』に『FILM&LIVE 2012“hand in hand”』もやるそうですので、ご覧になれる方は是非。
どちらもお勧めのイベントです。
特に赤の肖像は、ガンダムは苦手なんだけど、という福井さんファンに特にお勧めです。
1月26日からです。

最後に、楽しそうな企画が。

千葉シネプレックス幕張にて、ガンダム作品のイベント上映会「ガンダムエースシアター」の開催が決定!
映画館での上映&豪華ゲストトークがセットになったスペシャルイベント!
第1回は2013年2月1日(金)に、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を上映!ゲストは福井晴敏氏と、マル秘ゲストをもう一人お呼びする予定。
第2回は2013年2月23日(土)に、「機動戦士ガンダムUC episode 4&5」を上映!こちらもゲストに福井晴敏氏と、マル秘ゲストをお呼びする予定。

詳しくは、シネプレックス幕張公式web(http://www.kadokawa-cineplex.co.jp/makuhari/)をご確認ください。

■第1回「逆襲のシャアからUCへ」
上映作品:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
開催日:2013年2月1日(金) 19:30開演(19:00開場)
ゲスト:福井晴敏 & X
料金:2,800円

■第2回「UCep6に向けて」
上映作品:「機動戦士ガンダムUC episode 4」「機動戦士ガンダムUC episode 5」
開催日:2013年2月23日(土) 19:30開演(19:00開場)
ゲスト:福井晴敏 & X
料金:2,800円

ゲストは劇場のサイトに記載がありました。
1回目は石脇ガンダムエース編集長、2回目は設定考証の小倉信也さんです。
1回目の方はもう売り出し開始になっています。

と言う事で、何とか最後に格好つけたつもりになったところで(笑)、皆様よいお年をお迎えくださいませ。

Technorati Tags: